公益法人の移行認定・移行認可・公益認定をサポート!公式ブログ

平成25年11月末が期限となっている公益法人の移行認定・移行認可や、一般社団法人及び一般財団法人の公益認定に関して、公益法人を専門分野とする税理士が情報提供をしていきます。
当ブログの公式HPは、http://www.koueki-nintei.jp/ です。
                                    運営:山下雄次税理士事務所
                                    TEL:03−3267−1402
<< 預金利息に係る源泉所得税 | main | 支部組織の統合 >>
収支予算と損益予算
 特例民法法人で経理実務に携わっていた方は、資金収支計算に基づく会計処理に慣れており、損益計算に違和感を感じている方が多いようです。この資金収支ベースでの思考は、予算準拠主義が背景にあると考えられます。主務官庁の指導も同様でしたね。
 
 これまで予算限度内で資金を使用することを前提としてきてるので、資金の流れにのみ注目してきました。損益計算では、資金の流れはもちろんのこと、資金外取引である減価償却、引当金、棚卸資産などを考慮する必要があります。

 平成16年基準での決算処理を前提にすれば、理解はできるはずですが、非常に面倒な作業のひとつになっているようです。さらに面倒なのは平成20年基準による内訳表の作成でしょう。移行後最初の予算作成は、これまでの慣習がないことから、ゼロから作り上げなければばらないことから、想像以上に負担だったとの意見を聞います・・・。

 しかし、不慣れなだけで、決して難しい作業ではないので、専門家の助言があれば難なくクリアできますよ。
| 公益法人制度 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koueki-nintei.jugem.jp/trackback/23
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
税理士のための申告に役立つ「税額控除制度」詳解
税理士のための申告に役立つ「税額控除制度」詳解 (JUGEMレビュー »)
苅米 裕,田口 渉,山下 雄次
★山下税理士の共著本です★
RECOMMEND
実務に役立つ会社税務の重要ポイントQ&A
実務に役立つ会社税務の重要ポイントQ&A (JUGEMレビュー »)
苅米 裕,山下 雄次,下田 絢子,樋之口 毅
★山下税理士の共著本です★
RECOMMEND
Q&Aでわかる同族会社の税務
Q&Aでわかる同族会社の税務 (JUGEMレビュー »)
苅米 裕,山下 雄次,樋之口 毅
★山下税理士の共著本です★
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE